FC2ブログ

キャットバスターズ サービス終了



2018年3月31日(土)15:00に、キャットバスターズが惜しまれつつサービス終了となりました。
サービス開始から1年ちょっとと言う期間でしたが、とても楽しんでプレイさせていただきました。

先日、改めてストーリーを読み返していたのですが、ファンタジーニャのエルヴィン消失エンド、あれ続き作る気満々の終わり方だったのに...
続きが見たかったな...本当にやるせない気持ちです。

でも、打ち切りに対して一番残念だと思っているのは他でもなく開発ネコの皆さんだと思います。
初期のにゃんこ大戦争コラボではリリースから間もなかった事もあり改善出来るであろう点が多かったのですが、そこから徐々に改善されていき、最近ではメインストーリーの追加や1周年イベント、そしてガーデンでのセリフ追加等が好評で、プレイヤーから愛される運営になっていました。
ここから面白くなるであろう時にまさかの打ち切り...開発ネコの皆さん、本当にお疲れ様でした。




IMG_0686.jpg

IMG_0688.jpg

IMG_0689.jpg

上に貼ってある動画でスクショした画像から一部抜粋。
ホーム画面のセリフといい、ネコ博士さんいちいち泣かせに来るのやめて下さいお願いします

キャトバスは終わってしまいましたが、続編...はやっぱり厳しいのかな...?
他のゲームにキャラクターだけ登場とかでも嬉しいので、何らかの救済措置が欲しいですね...
どんな形であれ、もう一度博士たちと会える日をいつまでも待っています。
ありがとうキャットバスターズ!
スポンサーサイト



beatorajaを導入してみた

BMSをしている人に、使用しているBMSプレーヤーは何だと聞くと、恐らく8割以上の方がLunatic Rave 2(LR2)と答えるのではないかと思います。
自分も、ついこの間まではそうでした。

ですが先日、ふと思い立って「beatoraja」というBMSプレーヤーを導入してみました。
何時間か遊んでみて、かなり良かったので記事を書いてみます。

導入に関しては色々と設定したりとか面倒なんじゃないかと思っていましたが、思っていたよりずっと簡単でした。
まず、beatoraja本体をダウンロードして解凍したファイルを開き、「beatoraja-config.bat」を開きます。
設定画面では色々と設定する項目がありますが、1番重要なのは「リソース」タブのBMS Pathです。
ここでBMSの曲データが入っているフォルダを指定しないとBMSをプレイすることが出来ません。

次に、「プレイオプション」タブの「ノーツ表示時間」で譜面の降ってくるスピードを設定します。
この数値はIIDXの緑数字を5/3した数値を入力しましょう。
自分は緑数字295なので、491と入力してIIDXとほぼ同じハイスピでプレイする事が出来ました。

必要な人は「スキン」タブでスキンを設定しましょう。
有難いことに、LR2用に作られているスキンをそのまま使うことが出来るので、LR2とほぼ変わらない感覚でプレイすることが出来ます。

ここまで設定したらとりあえず起動してみましょう。
まず最初に簡単な譜面で判定を調整すると良いです。

BMSをプレイする点でLR2には無い機能として、EXHゲージ、CN&HCN、Fast&Slow表示、リフト、R-RANDOM等、最近のIIDXで追加されている機能が大体入っています。
LR2は長らく本体が更新されておらず、恐らく今後も機能の追加は無いと思うので、地力を上げたいという人はbeatorajaを使うことを強くおススメします。
IRもテスト中との事なので、これからの更新も楽しみです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR